twitter

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

トップページ | 2007年5月 »

2006年8月

2006年8月13日 (日)

「NARUTO」バトルアニメの過去と現在を分かつ決定的な何か

NARUTO BEST HIT COLLECRION 2が出たので買ったですよ。OPとEDを収録したCDで、初回版にはDVDがオマケでついてきます。「青春狂想曲」の4人の男の子のアクションが何度見てもすごいな~と思うです。この時は本編もクライマックスの決別に向かって緊張感が高まっていたときで、オロチ丸の容姿が変わったのに合わせてOPも描き換えられたりしたんだよな~などと色々思いだしたり。

EDでは「パレード」が好きだなあ。でも、一番すごいのは「スピード」だなあ、と。スタッフロールなしで観るとますますすごいですよ、これ。線画で描いたナルトが、雨の日、水着のポスターの貼ってある部屋でジャンプ読んでプレイステーションで遊んで寝て起きて雨の中に駆け出す、そういうEDでして、初めて観たときにはすごい衝撃を受けました。だって、アニメのNARUTOの主人公ナルトの物語じゃなくて、NARUTOを観ている僕たち私たちの物語をナルトが演じているんですよ、それも毎週流れるEDで。曲は「少年ジャンプ的な価値観を子供の頃に刷り込まれた僕たち私たちの今」をなんとなく連想させるし。

「アニメを観て育ったアニメファンがアニメを作るようになった」と言われて久しいし、漫画の方はもっとずっと前から「漫画を読んで育った漫画ファンが漫画を描いている」という状況で、僕たち私たちの作るものは何かへのリスペクトだったりオマージュだったり、もっと直接的に過去の名作のリメイクだったりする今日この頃ですが、でも、だからそれはつまらないものかというと決してそうではないんだよなあ、とNARUTOを観ているとよく思うのですよ。ああ、ジャンプ漫画、ジャンプ漫画のアニメのパターンを踏襲しているよなあ、と度々思うけれど、それが楽しいし、やはり王道は王道、わかりやすくてとても面白い。それにNARUTOはちゃんとNARUTOとして独立して世界に通用する商品になっているわけで、本当にすごいです。

NARUTOの原作者は、ドラゴンボールやスラムダンクはどうして面白いんだろう?ということを考え抜いてネームを描いた、ということを単行本のトークで語っていますし、アニメのスタッフは、昔自分たちが好きだったバトルものを今の技術で表現したらこうなるんじゃないか、ということを意識してやっているような気がします。で、そういうNARUTOのEDだからこそ、NARUTOの物語じゃなくて、漫画の原作者やアニメスタッフやそれを観ている大きなお友達の僕たち私たちの物語を流すことができたのかなあ、と。だって、アンジェリークのEDで乙女ゲーにはまっている女の子が突然叫び声を上げる線画アニメって流せないでしょう?NARUTOだからできたのだろうし、それでもあれは相当な問題作だったなあ、すごいものを観てしまったなあ、という気が未だにしているのですよ。大袈裟な言い方をすると、バトルものアニメの過去と現在を分かつ決定的な何かを観てしまったような…

今放送しているものでは、ケロロ軍曹のEDがちょっとそんな感じかと。あれを観る度に、「ケロン人がいるかもしれない世界に生きている僕たち私たち」の側の生活がEDで流れているような妙な気分になります。ただの気のせいかもしれませんが。あとは、銀魂は本編も「ジャンプ読んでだらだらしている僕たち私たち」を見せてくれている感じかと。

2006年8月12日 (土)

世間から何周も遅れてブログはじめました

日記の更新が止まって久しいので、携帯から投稿できるブログをはじめてみました。

前日記をどうするかもまだ決めていません。トラックバックの使い方もわかりません。デザインも設定も適当、そんな状態でとりあえずの見切り発車です。

トップページ | 2007年5月 »