twitter

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月

2009年5月19日 (火)

「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」観てきました!

ウォッチメンが終わっていたがっくり気分のまま観に行ったんですが、心に残るいい映画でした。終わった後で、そうか、だから服装があれで小学生なのにあれもこれも持ってなかったんだなあ、と気付いたり。

ユウの子役さんが印象に残る少年だなあ…と、帰ってから検索してみたら、「実は女の子」だったんですね!

美少女というタイプではない気がするけれど(いや、今回の映画でそういう見せ方をしていなかっただけで、女の子の役なら美少女なんでしょうけれど)、ショートカット好きのお兄ちゃん方の間で人気が出たりするのでしょうか。

それとも、最近は、「男の子の方が良かった。女の子でがっかり…」なお兄ちゃんの方が多いのかなあ。

2009年5月17日 (日)

ウォッチメン コミック感想

映画じゃなくて、原作コミックの感想です。

観に行く前に、映画の公開が終わっていたからです。楽しみにしていたのに!

…残念です。とても残念です。悔しいです。早くDVD出して欲しいです。

と、言っていても仕方ないので、一気読みした原作コミックの感想を置いておきます。

これって、教科書でしか冷戦を知らない子供たち向けの商品じゃないよな…と、思いつつ、平成生まれの方にも、ちょっとでもひっかかる部分があったら読んでほしい。もう、なんというか…凄いです。内容も、絵も。

映画の感想を拾い読みすると、あまり評判が良くなかったようですが…うーん、これを一本の映画で観るのは、大変だろうなあ…と、思います。

本筋は、犯人が明かされてししまえば、難しくはない…というか、スーパーヒーロー的かな…なんですが、それぞれの登場人物の背景が膨大で…キングの小説の映画化が、なかなかうまくいかないのと同じように、映画としてまとまるのは、かなり難しいんじゃないかと。

で、ふと思ったんですが。

これ、全13話の深夜放映のアニメにしたら、どうなるんでしょうね…?日本のコミックをハリウッドで映画化したドラゴンボールと逆の方法で、アメコミを日本のアニメの手法で料理したら…?

そういう企画があってもいいんじゃないかという気がします…が、アメコミ好きな日本人は少ないようだから(だから映画観られなかった…がくり)、無理だろうなあ。

2009年5月 1日 (金)

「映画クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国」観てきました!

出来のいい映画で満足!というのが、観た直後の感想です。

クレしん映画は、「家族愛」がテーマにならざるを得ない今日この頃、あまりそれを強調すると、私のようにヒネた大人は「家族を美化するなよ…野原さんちは核家族でうらやましいです」などと呟いてしまったりなのですが、今回は、程よくギャグで、素直に家族愛に感動できました。
生意気ないい方ですが、オトナ帝国の呪縛から抜けた気がしたです。
それにしても。
祝日八分の入りの4/5が大学生以上の客で、40~50代の男性客で、ひとりで来ていらっしゃる方も多かったのが、そういうものなのかなあ、とちょっと不思議でした。夕方だから…なのかなあ?
公式はこちら↓

http://www.shinchan-movie.com/

ここには名前出てないですが、四膳守役の山寺宏一さんが素晴らしく素敵でした。ブンベツもウマかった(←おやじギャグ…?)ですよ!

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »