twitter

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

お台場のガンダムに会ってきました

Photo 今年の夏はやり残したことがあるとループするそうなので、8月26日の水曜夕方、急いで行ってきました。

どんなに混んでいるんだろう? とか、たどり着けるのかなあ? とか、いろいろ心配したんですが、涼しくて、適度にすいていて良かったです。

…と、さりげなく書いてますが、すごく緊張したですよ。

りんかい線で東京テレポートに到着したんですが、そこから歩く勇気(←?)がなくて、ゆりかもめに乗り継いで、台場で降りなきゃいけないのに、つい、船の科学館まで行って帰って、まずは、ゆりかもめの窓から鑑賞。

うわあ、本当にあったんだ…

サイド7に潜入したジオン兵の気分になるのかなあ? などと想像していたんですが、実際は、ケロロ軍曹の心境でした。

「うわあガンダムだおっきいガンダムだぜ!」みたいな。

で、台場で降りて、人波に乗って歩いて、潮風公園に入って左に曲がると、海に面したところで後ろ姿の一部が見えるじゃないですか。あそこで、もう、動悸息切れが激しくなって、しばらく座って休憩しました。

あのあたりが一番緊張したです。もう帰ろうかと思ったくらいでした。きっと、ミノフスキー粒子が濃かったんですね!(←それちがう)

Photo_4 ガンダムって、作中に出てくるモビルスーツの中では、色も形も一番おもちゃっぽいじゃないですか。ザクなんかすごく安いプラモ組み立てて立たせておくだけでそれっぽいカッコ良さがあるのに、ガンダムはね…それが、この30年で少しずつ解釈(設定的な解釈ではなくて、フォルム的な解釈)が加えられて、ついに、ここまでカッコいいものになったのか! と胸が熱くなりました。

でも、こうして写真を見てみると、やっぱり、なんとなく「巨大なプラモ」というか「巨大なおもちゃ」っぽくて、でも、だからこそ、オリンピック誘致のマークをつけて、あそこに立つことができたんだろうなあ。

あれより兵器っぽかったらマズイですよね。都知事さんは、喜ぶかもしれないけど。

Photo_5 あちこちのブログで書かれているように、逆光はちょっと辛かったです。どうして海に向かって立ってないんだろう? 棒立ちのポーズも、ちょっと残念な気が…などと思いましたが、もしかすると、あれは、巨大な仏像のような宗教的な何かなのかもしれないと思って納得しました。
アニメのキャラクターを偶像崇拝の対象として選んだ国の宗教的な何かだから、逆光の中に棒立ちなんですね、きっと。

昔々、新しく出来た仏像の周囲も、熱心な仏教徒が一日中拝んでいる側で、「なんだかわからないけどすごそうだからとりあえず行ってみよう」と来た人たちや、親につれて来られたけれど怖くて泣いちゃった子とかで、混み合っていたんだろうなあ…出店もあっただろうし。

8月末までの展示だそうですが、ぜひ、どこかに保存してほしいです。
壊すなら、頭部と腕を取って、「めぐりあい宇宙」のあのポーズを再現してから…(←無理です)。

2009年8月17日 (月)

「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)」観てきました!

上げるのを忘れていたので、発掘して公開します。

発売日に買ったドラクエ起動する暇もなかったのに、無理矢理時間つくって見てきました。

ギャンが出てこなかった…マクベって、映画では生き残っていたんですね。忘れていました。

1と同じく詰め込みすぎだなあ、とか、初見のときも思ったけど、ニュータイプ議論はいらないんじゃないかなあ、とか、心のつぶやきはいろいろあったんですが、ラストの、アムロが仲間の元へ帰るシーンで、またもや時を越えてねじ伏せられました。

コアファイターから身体を回転させながら出てくるあたり、もう、いろいろな不満なんか全部補って余りありすぎですわ…

世の中には安彦絵が嫌いな人もいらっしゃるでしょうが、私にとってはとにかく観ていて気持の良いものなのですわ。

機動戦士ガンダムって、ホワイトベースが出港してから沈むまでの物語だと思うと、泣けるです。

お台場のガンダム、撤去の際には、ぜひ、頭と腕をとってあのポーズを再現して欲しいです…

2009年8月16日 (日)

「G.I.ジョー」観てきました!

バルト9に行ってきましたが、あの映画館がすごく応援しているサマーウォーズでもなく、エヴァ破でもなく、ブルーレイのCM見るたびに金田マジックを思い出す銀河鉄道999でもなく、G.I.ジョーを見てきました。

いや、もう、イカすバカ映画(←褒め言葉)でしたよ!

日本やニンジャの描写がいかにも怪しげなのは、明らかに、「わかっててやってる」んだろうなあ。

途中でCGがいかにもCGなのもわざとなのかも。

悪女になると金髪が黒髪に…というのも、古き良きハリウッド映画っぽくて良し。

早く続きを見せろ! です。

写真は、バルト9にディスプレイされている999。目がピカーンと光る車掌さんもいましたよ!

1255716652_237

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »