twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« ウルフェスに行って来ました | トップページ | ピングドラム脳 »

2011年7月24日 (日)

「コクリコ坂から」見てきました!

「コクリコ坂から」を見てきました!

http://kokurikozaka.jp/

テレビCMで流れてる映像を見る程度の前知識しかない状態で行ったので、パンフを見てびっくりしたんですが、「風間俊」の声が岡田准一で、「水沼史郎」の声が風間俊介(遊戯さん!)だったんですね。これ、現場で混乱しなかったのかな。水沼の声、どこかで聞いたことあるとは思ったんですが……いい声でした、独唱も良かった!  遊戯さんの声ということをふまえた上でもう一度聞きたい!

で、風間も水沼も、風間父も、カッコ良かったです。ジブリが文句のつけようなくカッコイイ男と男の子を描いたときの破壊力に戦慄したですよ。しかもやや少女目線。あれは惚れるわ。

……なんて、軽く書いてますが、実は、上映後トイレから出られないほどボロ泣きした私です。

構成が宮崎駿脚本とは信じられないほど素直でストレートで、照れずににちゃんとメロドラマな内容と、時代背景が、きれいにマッチしていたいい映画でした。

息子が監督の映画のためならああいう脚本を書くということは、ハウルやポニョの不思議な構成は、やはり、「わざと」だったんですね。「セオリー抑えなくてもどうせみんな劇場来るし、採算とれるだろ」とか思ってたんですね。食えないジイさんだあ、そういうとこが好きですよ。

そして、舞台になった東京オリンピック直前の横浜~東京の「あの頃」攻撃はすごかったです。生まれてないけど、うっすら記憶にのこってるかつての東京の匂いは、「三丁目の夕日」よりずっと濃かったしリアルだったですよ。そうそう、懐かしいのはカレーライスより肉屋のコロッケだよね、みたいな。

東京オリンピック直前の1960年代前半が「善行が報われる」時代として描かれていたわけですが、それは「三丁目の夕日」がやったように、きれいな嘘なわけで、「まあ、映画っていうのは嘘を楽しむものだからなあ、これでいいんだよなあ」なんてことを思っていたら、最後に「この物語はフィクションです」って出て、椅子から落ちそうになりました。自分でツッコミ入れちゃダメだよ! テレビ放送するときは、あれはぜひカットしてください、お願いします。いろいろ書きましたが、要するに、風間も水沼も風間父もすごくいい男だったから、女の子(10代も30代も60代も)は絶対に見に行くといいよ! 損はしないよ! 男の子は、デートで見に行っても何もいいことないからやめた方がいいよ! 風間や水沼や風間父と比べられて微妙になるだけだよ! それでも、もし、行っちゃったら、「主人公の女の子って君に似てるね」って、言ってあげるといいと思うよ! ってことです。以上!

« ウルフェスに行って来ました | トップページ | ピングドラム脳 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは( ^ ^ )/
ツイッターでフォローして頂いているふぁいあーぎたーです
ブログ拝見させていただきました。
ココリコ坂は見たことありませんが…曲は聞いたことはありますよ!
お忙しいところすみませんが、相互リンクをしませんか?
コメントからですみませんm(_ _)m
擬死中学生というブログを運営してます
良いお返事を期待しています(*´∀`*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コクリコ坂から」見てきました!:

« ウルフェスに行って来ました | トップページ | ピングドラム脳 »