twitter

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 宮崎映画の女の子は、なぜ、理想的にかわいいのか | トップページ | 「コクリコ坂から」見てきました! »

2011年7月24日 (日)

ウルフェスに行って来ました

今年も毎年恒例のウルトラマンフェスティバルに行ってきました!

http://2011.ulfes.com/

初日に行くことができたのですが、入場したのは4時で、最終回のステージの開演も4時……! あわてて駆け込みました。
お客さんは半分も入っていないくらいだったんですが、ほとんどが大きなお兄さんたちでよく見えなかったので、会場の後ろ1/3くらいの、少し段差がある自由席で見ました。あのお兄さんたちは、きっと、全員、 ウルトラの星の見えるお兄さんたちだろうな~。

ウルフェスのステージは、夏休み前半と後半で内容が変わる2構成。2部の方が高学年向けなんですが、なぜか1部の方が、心に響くことが多いような……まあ、それは個人的な好みなんですが、今年もすごくよかったです。

もらった3D眼鏡(てれびくんやテレビマガジンのふろくのペーパークラフトのお面っぽいゼロ仕様←ご存じじゃない方には全然わからない例え)を使う演出も楽しかったし。

ショーの出演者は実体だから、光線や背景が3Dって、うまくやるとすごく合うんですよ。ほとんどの場面のバックが巨大な白い布だけでそこに2Dや3Dを投影して……って、一昔もふた昔も前の前衛的な演劇っぽい手法とも言えるよなあ、なんてどーでもいいことを思いました。

本当に今更なんですが、体にぴったりのスーツ着て顔の表情の見えない状態で、演技するってすごいことなんだなあ、と改めて実感。

台詞にも仕掛けにも頼りすぎず、アクションすごくてポーズかっこいいステージでした。バルタン星人のハサミで殴られるの、本当に痛そうでしたよ。

そして去年のステージはゼロとメビウスの仲を疑った私でした()が、今回はベルアルが……平成ウルトラマンって素敵なツンデレ多いですよね、ジャムザとかヒカリとか。

まあ、そんな話は置いといて、ウルフェスの続きなんですが、

展示も子供向けながらも初代ウルトラマン中心なのでほんのりSF臭が漂うというか、ジャミラにものすごく広いスペースとってて、子供心にいい感じのトラウマが残りそうでした。

57302_1228323416_64box


↑ガバドンは毎年必ず撮ってしまうです。安定のかわいらしさ!

1753769617_55s

会場限定アーリーベリアルソフビ。メビウスがこれ見たらなんて言うんだろう?「元ウルトラ兄さんの人形」……いや、兄弟入りしてないから「兄さん」じゃないか。などとどうでもいいことを考えつつ、ウルトラヒーロー学園を妄想。

ウルトラヒーロー学園だったらメビウスが優等生な生徒会長、ゼロが複雑な家庭の事情でグレてるけど根は素直な御曹司、ベリアルが実力はナンバーワンだけど素行と性格が最悪な問題児…だったら萌えますよね? っていうか、誰か萌えてくださいっ!

時間が足りなくて(妄想で足りなくなったわけじゃないです)ここ数年の定番のウルトラマンアイスを食べられなかったので、後半にリベンジしたいです。

« 宮崎映画の女の子は、なぜ、理想的にかわいいのか | トップページ | 「コクリコ坂から」見てきました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウルフェスに行って来ました:

« 宮崎映画の女の子は、なぜ、理想的にかわいいのか | トップページ | 「コクリコ坂から」見てきました! »