twitter

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「輪るピングドラム」考察と予想 | トップページ | ゼロからはじめるニコ生放送 そのいち »

2011年12月12日 (月)

「映画けいおん!」見てきました!

「映画けいおん!」見てきました!

新宿ピカデリーのけいおんツリーに「えっと……かわいいけど……これっていいの?」と、ちょっと引いちゃう程度の観客の私ですら、映画を見終わった後は「CD買ってヒトカラで練習するぜ!」って思うくらい素敵な映画でした。

こっそり涙を拭っていたことが、隣に座ってたお兄さんたちにバレてたら恥ずかしいな、です。

以下、ネタバレなので反転します。

ストーリーがないとか言われてたけど、ちゃんとあったじゃないですか!

というか、むしろ、本筋は実写の青春映画のセオリー通りだったのではないかと。だからこそ、「けいおん!」の濃いファン以外の心に染みる映画になったのだと思います。

あずにゃんにプレゼントしたいけど何をプレゼントすればいいかわからない

曲をプレゼントしよう!

紆余曲折しながら曲を完成させる

というのが本筋ですが、主人公が唯だから、紆余曲折の振り幅が小さいというか、かわいいんですよね。ロンドンのホテルで、唯と梓が何度もすれ違いを繰り返すシーンみたいに、困っているところもかわいいんです。

澪や律を主人公にすれば、卒業を前にした期待と不安を、他の青春映画みたいに「何かの問題を解決する」というストーリーで表現することになるのだと思うのですが、そうしないのが「けいおん!」の特徴なわけで。

特に、あの映画に限って言えば、起こっていること全部を、唯ではなく澪の視点から描いたら……そして、描かれていない家庭の問題とかを入れていけば、暗かったり辛かったりするストーリーにもできたんじゃないかと思うんですよ。

でも、唯を主人公に、唯の視点で描いているからこそ、プレゼントの曲が完成に向かっていく過程が、際だって強く心に残る。

あまりかわいくない現実は描かれていないけれど、描かれていないだけで、ちゃんと存在している。きれいな背景のあちこちに、その息遣いが感じられる。

見ている人たちは、描かれていない部分を読み取っているからこそ、「けいおん!」を愛して何度も劇場に足を運んでいるのではないでしょうか……なんてことを思いました。

そういうことをひとことで言おうとすると、「みんな天使でした!」ってことになるんですがっ。

« 「輪るピングドラム」考察と予想 | トップページ | ゼロからはじめるニコ生放送 そのいち »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「映画けいおん!」見てきました!:

« 「輪るピングドラム」考察と予想 | トップページ | ゼロからはじめるニコ生放送 そのいち »